遺品整理はますます需要が増えているといいますが、何故?

遺品整理で頭を抱える前に

遺品整理の需要と人材不足の問題について。業界発足時の背景や人材のあり方について検証・説明します。
遺品整理で頭を抱える前にのメイン画像
遺品整理はますます需要が増えているといいますが、何故?

皆さんは遺品整理という言葉を聞いた事はありますか?

言葉の通り遺品を整理することなのですが、最近は中々当事者で行うことが難しい場合もあり、専門業者に依頼する方も増えているそうです。

このように遺品整理は業界が発足して以来、需要が落ちることなくむしろ活性化しています。

その理由と人材不足の心配について考えてみましょう。

〇2030年に節目を迎える遺品整理事業。

遺品整理は日本の高齢化問題を背景にして、需要は低下することなく増えつづけています。

直近のデータでは「2030年問題」というのがあって、10数年後には50才以上の男性のうち3人に1人が未婚者、高齢者のうち2人に1人は、単身者で孤独死を迎える可能性があるとも言われています。

不謹慎な言い方かも知れませんが、縁故・親戚関係が希薄になってこのような孤立化した社会が形成されていくうちは、遺品整理の需要は高まっていくと考えて間違いないでしょう。

〇引っ越し業者などの新規参入事業。

遺品整理の需要が増加しつづけると、専門的な知識をもった人材が不足するという心配が一方にはあります。

しかし遺品整理の業界は発生当時から、業者の本来の生業は引っ越し業者や住宅リフォーム業者であり、新規参入によって形成されてきました。

引っ越しにもリフォームにも閑散期というものがあり、利用客が激減するその時期を使って遺品整理に乗りだしたものです。

その意味では需要増による人材不足の心配はないと考えられます。

〇2030年に向けて

遺品整理は2030年に向けてますます需要が増し、引っ越し業者やリフォーム業者による参入が今後も続くとみられています。

高齢化は2030年に節目を迎えます。

単身世帯が増加している今日、遺品整理の需要はますます増える向きにありますが、引っ越し業者やリフォーム業者の新規参入で、人材不足になる心配はないとみられています。

【参考までに】遺品整理ネクストが選ばれる理由