株の初心者が取引する前に心得ておくことはありますか?

株式市場は安易な投資スタイルを繰り返す個人投資家によって、その本質が失われつつあります。

初心者はどうあるべきなのか、お話ししておきましょう。

■初心者は株式の本質を勉強するところから。

株取引の初心者で「利益を第一にはしたくない」という質問者の考え方には、回答者である私も大賛成です。

最近の個人投資家は、短期で株に投資して売買差益だけを狙うというスタイルが増えてきました。

これでは単なる賭け事と同じで、パチンコや競馬と何ら変わらなくなってしまいます。

それで最悪なのは、株取引や株式市場の本質・存在意義を知らずに過ごしてしまうということです。

■企業の成長を応援するのが株式投資の本意。

株式市場とは、本来的に「目的の企業に投資してその企業の成長を応援する」というのが存在意義です。

儲けだけなら応援や支援という性格が抜け落ちています。

そこで初心者の方にお願いしたいのは、株を始める前に、株式市場の仕組みや投資の意義を知って欲しいという点です。

むずかしいことではありません。

「なぜ株をやるのか」、ネットで検索すれば手本に該当するサイトはたくさん出てきます。

■株価の動きを知れば業界の動きがわかります。

そのうち業界の動きで株価の動きが推測できるようになり、初心者でも投資が楽しくなります。

株式市場や投資の一番の醍醐味は、株や市場の動きを知り、世界の経済に明るくなっていくことです。

中東の動きで原油がどうなって、日本の経済にどう響くか、関連する企業がどうなるかがわかります。

そこまでくればたいしたものです。

▽まずは、バーチャルの投資ゲームで経験を積むのもオススメです。⇒トレダビ