身内の誰かが片付けを手伝えばその分の費用は安くなるの?

遺品整理で頭を抱える前に

身内の誰かが手伝えば遺品整理の費用は安くなる?交渉次第と言えるでしょうが、基本的には難しいでしょう。
遺品整理で頭を抱える前にのメイン画像
身内の誰かが片付けを手伝えばその分の費用は安くなるの?

引越し作業でも同じですが、家人が引越し作業を手伝うかどうかで費用が安くなる場合もあれば、あまり関係がない場合もあります。

交渉次第であり、業者によって異なります。

遺品整理では仕分けを手伝うのは当たり前とされています。

〇身内の人が遺品整理に立ち会うのは当たり前。

遺品整理を専門の業者にお願いして、「少しでも費用を安く上げるために作業に参加したい」と考えているなら、それはあまり意味のないことです。

逆に言うと、本来であれば血縁関係や大家など、少なくても立ち会いに匹敵するような誰かは必要であり、故人の身内であれば遺品整理のための仕分け作業などを行うのは当然のことです。

業者は立会人の有無などを勘案して見積書を提出しますが、最低でも大家の許可・立ち会いがないと遺品整理はできません。

また身内である人が現場で作業をしたからといって、その分を値引いてくれることはありません。

〇現場に行ったら作業員の指示に従って行う。

依頼者の中には、血縁関係の者などの立会人が現場に入って一緒に片付けをしたら、返って邪魔になるのではないかと心配する人がいます。

その逆に、遺品整理の仕分けは他人にはわからないと、共同作業を希望する人もいます。

基本的にはどちらも正解です。

素人がいてはプロの作業の足手まといになる場合もありますが、その一方では、遺品の要不要を決めるのは業者には見当が付きません。

現場に行ったら、どのようにすれば良いかを遺品整理のスタッフに聞いて作業に参加してください。

〇遺品整理をできるだけ安く済ませたいなら、ネットで検索して価格優先で決めましょう。

身内の誰かが立ち会うのは当たり前のことです。

遺品整理の業者にもいろいろな価格設定があります。

ネットで調べるか、見積もりの段階で直談判して価格交渉するかです。

実際に立会人が作業をすることで業者の人員が減るのであればその分の費用はカットしてくれるかも知れません。

事前の交渉次第です。